ESOTERIC.jp HOME
ESOTERICブランドトップへ
TANNOYブランドトップへ
avantgardeブランドトップへ
VPI industries Inc.ブランドトップへ
WBTブランドトップへ
van den Hulブランドトップへ
STRESSLESS®ブランドトップへ
Copyright © ESOTERIC COMPANY All Rights Reserved.
HOME About ESOTERIC Technology System Products Support English
Grandioso F1 Integrated Amplifier
Grandioso F1 Integrated Amplifier
Introduction
Introduction
Introduction
Features
Specications
Specications
Gallery
Gallery
希望小売価格 2,000,000円(税抜)リモコン付属
2016年10月10日発売

インテグレーテッドアンプの新次元を切り開くフラグシップモデル

F1

Master Sound Works

音の表情、交響する美しさ、アーティストの情熱、ホールの空気感、オーディエンスの熱気。エソテリックの「Master Sound Works=マスターサウンドワークス」は、オリジナルマスターに捉えられた音楽情報のすべてを現代最高水準の技術で再現するオーディオ理念です。
F1

K1 F1 G1

go Grandioso K1

go Grandioso G1

Pure Performance

■ PREAMPLIFIER [ プリアンプ部 ]

フルバランス・プリアンプ/デュアルモノーラル

フルバランス・プリアンプ

Grandioso C1の流れを汲むフルバランス構成のプリアンプを搭載。ノイズに強く、低インピーダンスで力強く、ピュアに信号を増幅することができます。

デュアルモノーラル

プリアンプからパワーアンプ最終段まで、全段L/R独立のデュアルモノーラル構成を徹底。ESOTERICの一体型アンプとしては、過去最大級の物量を投入した回路構成により、優れた音質とチャンネルセパレーションを獲得しました。

高音質な電流伝送「ES-LINK Analog」を装備

通常のライン接続(XLR、RCA)のほか、ESOTERIC独自の伝送方式「ES-LINK Analog」を新たに採用。ハイスピードで強力な電流供給能力を誇る送り手側のHCLDバッファー回路の高性能を生かした電流伝送方式により、信号経路のインピーダンスの影響を受けにくく、信号をピュアに力強く伝送することが可能。対応機器との接続により、システムのポテンシャルを最大限に発揮するアナログオーディオ伝送の理想的な方式です※。

※2016年9月現在 Grandioso K1に搭載。接続ケーブルは一般的なバランスケーブル(端子形状:XLR)ですが、独自伝送方式のため、対応する機器以外ではご使用できません。

ESOTERIC-QVCS

バランス構成とデュアルモノ。この二つを高品位に両立させる独自のESOTERIC-QVCS※ボリュームコントロール方式採用。L/R、正/負ごとに独立させた合計4回路のラダー抵抗切替型ボリュームを電子制御で一括コントロール。信号のL/R、正/負の独立が保たれ、チャンネルセパレーションと位相特性に優れたクリアな音質を獲得しています。また、オーディオ基板からボリューム素子への配線をなくすことで、オーディオ信号経路を大幅に短縮し、音質の劣化を防止し、低歪みを実現しています。

※QVCS=Quad Volume Control System

ウルトラ・ローノイズ・ロジックコントロール

全制御系統は、アイソレーター素子を使ってプリアンプ本体から電気的に分離し、フロントパネル部に内蔵することで、ノイズ対策を徹底しました。

高精度ボールベアリング式コントロールノブ

高精度ボールベアリング式コントロールノブ 高精度ボールベアリング式コントロールノブ パネル

ボリューム、セレクターは、VRDSドライブメカの機構を応用した定評のベアリング方式を採用。芯ブレの全く無い、滑らかでアナログフィールにあふれた操作感です。パネル、およびパネル上の全てのノブは、コストを惜しまず、アルミニウム無垢材から削り出しで製作し、フラッグシップモデルならではの気品に溢れた造形美を形成しています。

独立電源のデュアルモノ・フォノイコライザー

L/R独立電源・独立回路のデュアルモノ・フォノイコライザー(MM/MC)を搭載。

高品位ヘッドホンアンプ内蔵

駆動が難しい高インピーダンスのハイエンドヘッドホンも十分駆動できるパワフルなヘッドホンアンプを搭載。

3バンド(TREBLE/MIDDLE/BASS)トーンコントロール

3バンド(TREBLE/MIDDLE/BASS)トーンコントロール ハイエンド機としてのクオリティーにこだわり、各バンド4回路(L/R、正/負)のデュアルモノ・バランス回路で構成。音質の劣化を気にすることなく音質調整ができます。トレブルとバスは、可変帯域を通常よりも高域/ 低域(14kHz /63Hz)にシフトすることで、ソース本来の音色を大きく損なわない繊細な調整が可能。電子制御により、最大±12dB で0.5dB ステップの精密なコントロールが可能。

Power, Dynamics

■ POWER AMPLIFIER [ パワーアンプ部 ]

次世代のシリコンカーバイドMOSFET「ESOTERIC MODEL200」

シリコンカーバイドMOSFET

音質の優れたディスクリートパーツは年々入手が難しくなりつつあります。自社一貫生産にこだわるESOTERICは、ブランドのプライドをかけ、新日本無線(株)とのコラボレーションにより、厳しい音質基準と性能を満たす自社専用MOSFETデバイスの開発に着手。2年あまりの歳月を費やし、ブランド初の自社専用MOSFET「ESOTERIC MODEL200」を完成させました。
「ESOTERIC MODEL200」は、次世代のパワーデバイスと評価の高いハイテク素材、シリコンカーバイド(SiC)を使ったパワーアンプ出力段専用MOSFETデバイスです。一般的なシリコンデバイスと比較して、低容量・低損失のため、瞬間最大150A、連続78Aという驚異的な電流許容特性をベンチマーク。立ち上がりの早い大電流を自在に制御できるため、低域の駆動能力に優れ、力強い音楽再生を支えます。また、トランジェントレスポンス(過渡応答特性)が大幅に改善されたことにより、高域も付帯音が極めて少なく、どこまでも伸びやかで瑞々しい表現力を誇ります。刻々と変化する音楽のダイナミクスに、力強く、そして柔軟に、極めて自然に追随する、まさにフラッグシップに相応しい理想的なMOSFETデバイスです。

パラレル・プッシュプル Class A パワーアンプ (30W+30W/8Ω)

パラレル・プッシュプル Class A パワーアンプ

ESOTERIC MODEL200シリコンカーバイドMOSFETの優れた特性を素直に引き出す、新規設計のパラレル・プッシュプルClass Aパワーアンプ回路を採用。贅沢なマテリアルと物量を投入しつつ、短い信号経路を実現するミニマルな回路構成、というESOTERICアンプのフィロソフィーを忠実に具現化し、ピュアな増幅とセパレート機にも肉薄するスピーカー駆動能力を獲得。

バランス構成のパワーアンプ入力段

パワーアンプの前段をバランス化。低インピーダンスでクリーンな増幅によって、聴感上のダイナミックレンジがさらに高まります。

パワーアンプの核、大容量カスタム電源トランス

大容量カスタム電源トランス F1の優れたパワー、音質を決定づけているのが強力な電源部です。とりわけ電源トランスはアンプのサウンド・クオリティーを決定づける最重要ファクターです。F1は、コアサイズ1,000VAの大型カスタム・トロイダル電源トランスを採用。「音の良いアンプはトランスが良い」という確固たる信念のもと、素材からコアサイズ、マウント方法に至るまで、エソテリックのノウハウを集結したカスタム仕様としています。ブロックコンデンサーもチャンネルあたり10,000μF×4本のデュアルモノ構成。配線は極太ケーブルをボルトで接続し、低インピーダンス化を徹底。一般的なセパレートパワーアンプさえ凌駕する贅沢な電源部により、8Ω負荷時30Wから4Ω負荷時に60Wまで理論値どおりのパワーリニアリティを達成。音楽のダイナミクスを忠実に再生します。

低インピーダンス化で駆動能力を向上

8本のバスバーは、1.0mmの肉厚な高純度OFC素材を贅沢に使用し、スピーカー出力部には機械接点を持たないMOSFETスイッチを採用するなど、低インピーダンス化で駆動能力を高めました。

■ CONSTRUCTION/FUNCTIONS [ その他の特長・機能 ]

3Dオプティマイズド・シャーシ構造

3Dオプティマイズド・シャーシ ピンポイントフット 堅牢な内部構造体で各回路ブロックを専用コンパートメント化し、立体配置する「3Dオプティマイズド・シャーシ」採用。各回路の相互干渉を抑え、最短経路で配線。肉厚アルミニウムによるシャーシ外装も妥協無く、セパレートモデルと同一の設計を踏襲することで、一体型アンプでは異例のヘビーコンストラクションを達成しました。シャーシをピンポイントフット(特許第4075477号)で4点支持。振動対策も徹底しています。

オプションボードスロット装備

オプションボードを追加できるスロットを1基搭載。DSD11.2MHz、PCM384kHz/32bit対応D/Aコンバーター(OP-DAC1)を追加できます。

有機EL ディスプレイ(ノーマル/ ラージフォント切替) 有機EL ディスプレイ
入力ごとにゲインを±18dBの範囲で調整可能(0.5dB ステップ)
L/Rバランス
ソースごとに個別の設定ができる位相反転機能
ESOTERIC SACD プレーヤーの操作も可能なアルミ製リモコン付属 リモコン
ディスプレイに表示するソース機器名をプログラム可能
ミュート機能、ディマー機能、ディスプレイの自動OFF 設定

F1 フロント

F1 リア

スピーカー出力 出力 30W+30W(8Ω)
60W+60W(4Ω)
全高調波歪率
(1kHz、8Ω)
0.009%(30W)
周波数特性
(1W出力時 +0/-3.0dB)
10Hz〜150kHz
S/N比
(30W/8Ω出力時、JEITA)
ES-LINK Analog,XLR,RCA入力 103dB
PHONO (MM) 入力 101dB
PHONO (MC) 入力 82dB
ダンピングファクター 100
適合最小インピーダンス
スピーカー出力端子 スクリュータイプ×1系統(L/R)
ヘッドホン出力 出力(32Ω、10%歪) 1000mW
ヘッドホン出力端子 1系統(ステレオ標準ジャック)
入力端子 ES-LINK Analog 1系統
XLR 2系統
RCA 3系統
PHONO
(MM/MC切り替え)
1系統
入力インピーダンス ES-LINK Analog -(電流入力)
XLR,RCA 10kΩ
PHONO(MM) 47kΩ
PHONO(MC) 100Ω
ゲイン プリアンプ部 24.5dB(ボリューム最大時)
パワーアンプ部 35dB
トーンコントロール バス グラフ ±12dB(63Hz)
ミドル グラフ ±12dB(630Hz)
トレブル グラフ ±12dB(14kHz)
一般 電源 AC 100V、50-60Hz
消費電力 220W(電気用品安全法)
175W(無信号時)
外形寸法(W×H×D) 445×191×470mm(突起部含む)
質量 30kg
付属品 電源コード×1
リモコン(RC-1315)×1
リモコン用乾電池(単4)×2本
フェルト×4枚
取扱説明書×1
ご愛用者カード×1
仕様および外観は改善のため予告なく変更することがあります。
※商標について

F1 F1 F1
F1 F1 F1
F1 F1

ESOTERIC Grandioso展示店
製品展示・販売店のご案内
カタログダウンロード
取扱説明書ダウンロード
システムのご紹介
お問い合せ窓口
修理窓口