ESOTERIC.jp HOME
ESOTERICブランドトップへ
TANNOYブランドトップへ
avantgardeブランドトップへ
VPI industries Inc.ブランドトップへ
WBTブランドトップへ
van den Hulブランドトップへ
STRESSLESS®ブランドトップへ
Copyright © ESOTERIC COMPANY All Rights Reserved.
HOME About ESOTERIC Technology System Products Support English
『P-02』『D-02』システムの新しいテクノロジー
『P-02』『D-02』システムの新しいテクノロジー
広帯域伝送を可能とする新しいES-LINK3

『P-02』『D-02』は、ESOTERIC独自の伝送フォーマット『ES-LINK3』に対応し、XLRケーブル2本を使って最大48bit/176.4kHzの広帯域PCMデジタル伝送が可能です(※1)。また、『DUAL AES 8FS』 規格(最大352.8kHz/24bit)にも対応しています(※2)。スーパーオーディオCD再生に関しては、従来どおりDSD伝送とDSDのダイレクトD/A変換処理をおこないます。

※1 D-02は192kHz/48bitまでの入力に対応。
※2 D-02は384kHz/24bitまでの入力に対応。

35bit D/Aプロセッシング(特許出願中)

D-02は、32bitDACデバイスを複数個組み合わせることで、35bitの高解像度でPCM信号をアナログ信号へ変換する『35bitD/Aプロセッシング(特許出願中)』アルゴリズムを採用。ビット階調をより細かくすることでアナログ波形の再現性を高めています。デジタルソースの将来的なハイビット化にも無理なく対応することはもちろん、ES-LINK3で伝送されるデータや、内部演算処理で得られる32bitを越えるハイビットデータの階調を活かし、忠実にアナログ変換を行ないます。理論上、24bitに比較して256倍の解像度を誇る32bitに対して、35bitは、そのさらに8倍(24bitの2048倍)の驚異的な高解像度を誇ります。最終的なアナログ出力信号は、きめ細かく滑らかな質感と高い解像度を両立し、極小レベルの音楽信号まで際立つ表現力を誇ります。

イメージ図

圧倒的な物量投入設計

『P-02』、『D-02』は、内部コンストラクションにも驚異的な物量を投入。システム合計で8つの独立したトロイダル電源を備え、各回路へクリーンで安定した電源を供給します。シャーシ内部は、5分割のダブルデッキ(2階建て)構造とし、各回路ブロックを専用のコンパートメントに収め、立体的に配置することで、回路同士の相互干渉を抑え、最短の信号経路を実現する「3D オプティマイズド シャーシ」コンストラクションを採用。外装は肉厚アルミ材を採用し、5mm厚のスチール製ボトムシャーシをESOTERIC独自のピンポイントフット(特許第4075477号)で 4点支持。振動を効果的に抑制し、高剛性を徹底しています。

P-02 Top P-02 Bottom
D-02 Top D-02 Bottom

新次元のアイソレーテッド・クロックテクノロジー

音楽信号の質を損なうジッターは信号データや基準クロックの波形の歪みによって発生します。デジタル回路に正確な基準クロックを供給するクロック回路は、デジタルプレーヤーにとってまさに心臓部ともいえる極めて重要なコンポーネントです。P-02、D-02では、クロック回路を他の回路ブロックから完全に分離するアイソレーテッド・クロックテクノロジーを採用。P-02、D-02それぞれに内蔵するクロックモジュールは、単体発売されている外部マスタークロックジェネレーターに匹敵する造り込みがされています。クロックモジュール専用のトロイダル電源トランスと安定化電源回路を備え、グランドも他の回路からアイソレートすることで、電源電圧やグランド電圧の変動によるランダムジッターの発生を極限まで抑えたピュアなクロックをシステムに供給しています。

P-02のクロックモジュールと電源

P-02のクロックモジュールと電源
D-02のクロックモジュールと電源

D-02のクロックモジュールと電源

クロックモジュールには音質面から選び抜かれた大型水晶片を内蔵するVCXO(電圧制御型水晶発振器)を採用。処理する周波数に応じてトランスポート、D/Aコンバーターに2個づつ搭載したVCXOは、工場出荷時で±0.5ppmの高精度を誇ります。D-02内部のクロックモジュールとDACモジュールの接続は、同軸ケーブルによるこだわりのハードワイヤリング接続。コネクターには高周波伝送のために開発された金メッキSMAコネクターを採用し、音質に最も重要なオーディオクロックの伝送ロスを極限まで抑えています。

PLLレス・ダイレクトマスタークロックLINK

トランスポートとD/Aコンバーターをワードクロックによって同期再生し、ジッターを効果的に低減するワードシンクは、ESOTERICのコアテクノロジーのひとつ。P-02、D-02はワードシンクにも全く新しいシステムを投入しています。それが『PLLレス・ダイレクトマスタークロックLINK』です。

D-02の高精度クロックモジュールで生成したデジタルオーディオ出力用の基準クロック=22.5792MHzマスタークロックをストレートにP-02に供給し、P-02内部のPLL回路を経由せずにデジタル出力回路のクロックとして利用するシステムです。複雑な回路を経由せず、よりピュアでダイレクトなクロック処理を可能とし、曖昧さの無い正確な音像定位と鮮明な音質の獲得に貢献しています。

10MHzマスタークロック入力、その他、幅広いクロック接続オプションに対応

従来のワードクロック(44.1kHz/88.2kHz/176.4kHz)によるワードシンク同期再生や、別売のG-0Rbなどの高精度ルビジウムマスタークロックジェネレーターとの接続も可能です。そして10MHz出力の外部クロックシステムとの接続を可能にする10MHzのマスタークロック入力をP-02、D-02それぞれに備えるなど、ハイクオリティー再生のためのクロック接続のオプションを幅広くご利用いただけます。

P-02のクロック入力端子

P-02のクロック入力端子
D-02のクロック入力端子

D-02のクロック入力端子

『P-02』製品ページへ    『D-02』製品ページへ