ESOTERIC.jp HOME
ESOTERICブランドトップへ
TANNOYブランドトップへ
avantgardeブランドトップへ
VPI industries Inc.ブランドトップへ
WBTブランドトップへ
van den Hulブランドトップへ
STRESSLESS®ブランドトップへ
Copyright ©  2011 ESOTERIC COMPANY All Rights Reserved.
HOME About ESOTERIC Technology System Products Support English
photo
VRDS Mechanism

超高精度ターンテーブルシステム

スーパーオーディオCD/DVDのディスクの再生では、その高速な回転により想像以上の振動が発生します。この振動はディスクの面振れのような状態を引き起こし、 データの正確な読み取りに対し悪い影響を与えます。VRDSターンテーブルでは、メカニカルに面振れを補正する構造であるため、高速回転時の悪影響を抑制することが可能になっています 。また高速回転はスピンドルの軸に対してもこれまで以上の剛性を要求します。VRDSメカニズムの心臓部ともいうべきターンテーブルセクションは、高精度、 高剛性な部品により支えられています。

回転ムラのないコアレス方式モーター

高速回転用に長寿命3相ブラシレス・スピンドルモーターを新開発。ネオジウムマグネットによる磁気回路は、幾度にも及ぶ磁場解析などの検証を経て完成しました。 磁気回路の最適化により、モーターの回転ムラを抑制するとともにモータードライブ電流の変動を少なくすることができ、オーディオ回路などの各部分への影響を減らしています。

新設計の高精度/軽量ターンテーブル

スーパーオーディオCDやDVDの再生では、これまでのCDに対して最大で約4.5倍近い回転数に及びます。この高速回転へ対応するため P-01 / X-01 / UX-1 にはアルミニウムに対して比重が2/3のマグネシウムをターンテーブルの素材に選びました。マグネシウムは軽いことと同時に振動吸収性に優れた素材であるため、 ディスク回転時のディスクの不要な振動を軽減する働きもあります。ターンテーブルは優れた素材から高精度加工により作り出されています。 P-03 / X-03 / UX-3 では素材に航空機等にも使用されるジュラルミンを採用するとともに軽量かつ高精度に加工する新技術により精密成形されたターンテーブルを搭載。これによりディスク面振れを抑え 、応答性に優れた安定したデータ読み出しを可能としています。また、ターンテーブルは黒色着色により余分なレーザー光を吸収します。

スピンドル軸受けに精密ボールベアリングをペアで使用し、剛性と精度を飛躍的に向上

軸受け部に精密級ボーリベアリングをペアで使用し、ベアリング内輪に予圧をかけることにより、単体で使用したときのガタや軸ブレを大幅に抑制し使用しています。 これにより軸受け部の剛性を高め、回転精度、位置決め精度を飛躍的に高めています。これはディスク、ピックアップ間の位置関係の精度が高くなることを意味しており、 トランスポートとしての質に密接に関係します。 P-03ではNSK(日本精工株式会社)との共同開発により、VRDS‐NEOメカニズム専用に高精度加工された新開発セラミック・ボールベアリングを スピンドル軸受け部に新たに採用、低速から高速まで滑らかで精度の高い回転制御を可能にしました。

ターンテーブル、スピンドル部を支えるSS400による重量級ブリッジ部

SS400によるブリッジ部は、20mmの厚さにも及ぶ超重量級です。精度と剛性を高めたターンテーブルやスピンドルであってもそれを支えるブリッジ部分がしっかりしていなければ、決して良い結果を得られません。その事柄を踏まえブリッジ部には十分すぎる剛性を持った部材を採用しました。また重量級ブリッジは5ミリ厚の鉄製底板に直結され、回転時にスピンドル部で発生する振動をその質量で大幅に減衰させます。


P-0の思想を発展させたピックアップ送りスレッドサーボセクション

ピックアップを移動するスレッド送りをサーボ制御し、ディスクのピットを常にピックアップの中心部で捉えることでレンズの動きを最小限にとどめ、 ディスクへのレーザー光軸を一定に保ち最良の読み取り動作行う。このようなP-0から受け継いだ思想をスーパーオーディオCDの高速回転時にも最適な対応ができるよう発展させ、 それを具現化するため、ピックアップレンズを駆動させる部品構造やピックアップ本体を極めて正確に動かすスレッド送り機構を新たに開発しました。
これによりディスクの面振れ、偏心からくる悪影響を極小に抑えることができます。

(*面振れ、偏心の規格は下記参照)

レンズ移動でレーザー光軸の傾きを発生させない構造のピックアップを採用

ピックアップでは、レンズがワイヤーで吊られているような構造をとっており、剛性が低いだけでなく、レンズの移動に伴いレーザーの光軸は垂直方向から傾いてしまいます。 これに対し今回採用しているピックアップの構造は、軸摺動型という構造でレンズを移動させたときにもレーザーの光軸が傾かない構造となっており、 なおかつレンズを支えている部分の剛性も高い構造となっています。この光軸のずれないピックアップと面振れを起こさないVRDSターンテーブルとの組み合わせは、 今回のメカの基本性能を決定付ける大きな要因となっています。 (軸摺動型ピックアップ構造図

ピックアップレンズ移動を最小にする応答性能に優れた速度帰還制御スレッド送り方式を採用

ピックアップを移動させるスレッド送り部分には、ティアックオリジナルのホール素子検出型3相ブラシレスモーターを使用し、高速アクセス用のスレッド送りメカニズムに 速度帰還制御を行うことで、応答性に優れ、とぎれのない滑らかな連続移動が可能なスレッド送り機構が完成しました。

これにより常にピックアップの中心でトラックを捉えられるため、ピックアップ内のレンズの動きを最小にすることが出来ます。

P-0の思想を発展させたスレッド送り制御と軸摺動型ピックアップにより、新開発メカにおいてもディスク上のデータを余すことなく高品位に読み出すことが可能となっています。


スピンドルモーター系とスレッド送り系の振動を分離

回転時に微振動を発生させるスピンドル系とデリケートな制御が必要なスレッド送り系を高周波振動から分離する構造で、優れた読み取り性能を実現しました。

高精度メカニズムとソフトウェアサーボにより強力なプレイアビリティーを実現

高精度加工のオリジナルメカニズムと各ディスクに対する最適なサーボ制御を行うソフトウェアにより、強力なプレイアビリティを実現しています。

アルミ削り出しトレー

音質にも影響を与えるトレー部にはアルミ削り出し部品を採用、品位とソリッド感を演出し、開閉動作についても精密感の高い動作をマイコン制御で行っています。


*各種のディスク規格 (ディスク成型時の面振れ、偏心の許容範囲)

単位 CD スーパーオーディオCD DVD
面振れ量 mm ±0.5 SA-CD ±0.3 / CD ±0.5 ±0.3
偏心量 μm 140(p-p) 100(p-p) 100(p-p)


The History of VRDS-NEO
VRDS-NEO搭載モデルの系譜
2003.10 スーパーオーディオCD/CDプレーヤー X-01
CD スーパーオーディオCD DVD-AUDIO/VIDEOプレーヤー UX-1
2004.9 スーパーオーディオCD/CDトランスポート P-01
2004.11 スーパーオーディオCD/CDプレーヤー X-03
スーパーオーディオCD CD DVD-AUDIO/VIDEOプレーヤー UX-3
2005.9 スーパーオーディオCD/CDトランスポート P-03
2006.2 ユニバーサルトランスポート P-03Universal
2006.12 スーパーオーディオCD/CDプレーヤー X-01D2
2007.7 スーパーオーディオCD/CDトランスポート P-05
2007.12 スーパーオーディオCD/CDプレーヤー X-05