ESOTERIC.jp HOME
ESOTERICブランドトップへ
TANNOYブランドトップへ
avantgardeブランドトップへ
VPI industries Inc.ブランドトップへ
WBTブランドトップへ
van den Hulブランドトップへ
STRESSLESS®ブランドトップへ
Copyright © ESOTERIC COMPANY All Rights Reserved.
HOME About ESOTERIC Technology System Products Support English
リッカルド・ムーティ(指揮) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 モーツァルト:レクイエム アヴェ・ヴェルム・コルプス ムーティとベルリン・フィルによるデジタル時代の決定的名演。
エソテリック 独占販売

生産終了いたしました。流通在庫のみとなります。
(2014.02)

品番: ESSE-90070
仕様:Super Audio CDハイブリッド
価格:3,143円(税抜)
レーベル:EMI Classics
音源提供:株式会社EMIミュージックジャパン
ジャンル:声楽曲

DSD MASTERING/
Super Audio CD層:2チャンネル・ステレオ[マルチなし]
美麗豪華・紙製デジパック・パッケージ使用

“Super Audio CD“と“DSD”は登録商標です。

Master Sound Works

エソテリックならではのこだわりのSuper Audio CD
ハイブリッド・ソフト

オリジナル・マスター・サウンドへの飽くことなきこだわりと、Super Audio CDハイブリッド化による圧倒的な音質向上で高い評価を得ているエソテリックによる名盤復刻シリーズ。定評のある名盤をオリジナル・マスターからリマスタリングし、世界初のSuper Audio CDハイブリッド化を実現します。

リッカルド・ムーティ畢生の名演

1941年、ナポリ生まれのイタリアの名匠リッカルド・ムーティ。そのエネルギッシュな指揮ぶりと躍動感のある演奏で知られる名指揮者です。1967年、グイド・カンテルリ指揮者コンクールに優勝して注目され、フィレンツェ五月祭歌劇場、ニュー・フィルハーモニア管弦楽団、フィラデルフィア管弦楽団、ミラノ・スカラ座の首席指揮者・音楽監督を歴任、2010年からはシカゴ交響楽団音楽監督を務めるかたわら、ウィーン・フィルやザルツブルク音楽祭などに客演しています。録音にも積極的に取り組み、1970年代にニュー・フィルハーモニア管弦楽団を指揮してEMIに録音を開始して以来、さまざまなレーベルに数多くの名盤を残しています。

ムーティ/ベルリン・フィルとの数少ない貴重な共演

ムーティはカラヤン時代からベルリン・フィルに登場していますが(デビューは1972年)、共演の機会はウィーン・フィルと比べるとそれほど多くはなく、録音の数も限られています。その端緒となったのは、1982年11月に録音されたヴェルディの《聖歌四編》でした。その後、ベルリン・フィルとはブルックナーの交響曲第4番・第6番や、R.シュトラウスの交響詩《イタリアから》、ハイドンの《十字架上のキリストの最後の七つの言葉》などの名盤を残しています。

合唱が美しいムーティ唯一の「モツ・レク」

今回Super Audio CDハイブリッド化されるのは、1987年に録音されたモーツァルトの《レクイエム》と《アヴェ・ヴェルム・コルプス》。ムーティはモーツァルトの解釈でも一家言をなし、細部まで有機的な血の通った人間味のあるモーツァルト演奏は高く評価されています。この《レクイエム》も、スタンダードなジュスマイヤー版を使い、オーケストラと合唱をたっぷりと響かせて、モーツァルト最晩年の未完の作品に盛り込まれた凄絶な音のドラマを描き出しています。合唱団として共演しているのはスウェーデン放送合唱団とストックホルム室内合唱団で、ベルリン・フィルとの初録音となった《聖歌四編》での超絶的な名唱を高く評価されたことによって再び起用されたのでした。スウェーデンの「合唱の神様」として知られるエリック・エリクソンの薫陶を得たこの二つの合唱団の生み出す透明で混じりけのない響き、完璧なハーモニーと美しいディクションは、当盤随一の聴きどころといえるでしょう。パーチェ、マイヤー、ロパード、モリスという、1980年代を代表する名歌手たちの充実の独唱も見事です。

最高の状態でのSuper Audio CDハイブリッド化が実現

録音はベルリン・フィルの本拠地ベルリン・フィルハーモニーで行われました。フィルハーモニーの大きな空間に広がる響きの中に美しくブレンドするオーケストラと合唱の響きをスケール雄大にとらえた名録音です。今回のSuper Audio CDハイブリッド化に当たっては、これまでのエソテリック企画同様、使用するマスターテープの選定から、最終的なDSDマスタリングの行程に至るまで、妥協を排した作業が行われています。特にDSDマスタリングにあたっては、DAコンバーターとルビジウムクロックジェネレーターに、入念に調整されたエソテリック・ブランドの最高級機材を投入、また同社のMEXCELケーブルを惜しげもなく使用することで、オリジナル・マスターの持つ情報を余すところなくディスク化することができました。

収録曲
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756−1791)
レクイエム ニ短調 K.626 [ジュスマイヤー版]
1: 入祭文:永遠の休息
2: キリエ
3: 続唱:怒りの日
4: 不思議なラッパが
5: おそるべき大王よ
6: 思いたまえ
7: 呪われた者ども
8: 涙の日
9: 奉献唱:主イエズス
10: いけにえ
11: 聖なるかな
12: ほむべきかな
13: 神の子羊
14: 聖体拝領唱
15: アヴェ・ヴェルム・コルプス K.618
演奏
パトシリア・パーチェ(ソプラノ)
ヴァルトラウド・マイヤー(メゾ・ソプラノ)
フランク・ロパード(テノール)
ジェイムズ・モリス(バス)
スウェーデン放送合唱団
ストックホルム室内合唱団
(合唱指揮:エリック・エリクソン)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:リッカルド・ムーティ
[録音]

1987年2月14日&15日、ベルリン、フィルハーモニーでの
デジタル・レコーディング

[初出]

CDC 7 49640 2(1988年発売)

[日本盤初出]

CE33-5219(1988年4月24日発売)

[オリジナル/プロデューサー]

ジェームズ・マリンソン

[オリジナル/バランス・エンジニア]

ジョン・カーランダー

[SACDプロデューサー]

大間知基彰(エソテリック株式会社)

[SACDリマスタリング・エンジニア]

杉本一家(ビクタークリエイティブメディア株式会社 マスタリングセンター)

[SACDオーサリング]

藤田厚夫(有限会社エフ)

[解説]

諸石幸生 小石忠男

[企画協力]

東京電化株式会社

[企画/販売]

エソテリック株式会社

リッカルド・ムーティ

リッカルド・ムーティ

エソテリック特約店にてお求め下さい。

エソテリック特約店につきましては弊社ホームページの「製品展示・販売店のご案内」または「AVお客様相談室」へお問い合せください。

製品展示・販売店のご案内はこちら

尚、一部特約店では取り扱いをしていない場合がありますので、ご了承ください。