ESOTERIC.jp HOME
ESOTERICブランドトップへ
TANNOYブランドトップへ
avantgardeブランドトップへ
VPI industries Inc.ブランドトップへ
WBTブランドトップへ
van den Hulブランドトップへ
STRESSLESS®ブランドトップへ
Copyright © ESOTERIC COMPANY All Rights Reserved.
HOME About ESOTERIC Technology System Products Support English
TANNOY Mercury V Series
TANNOY Mercury V Series
TANNOY Mercuryシリーズに第5世代登場 キャビネット、ドライバー・ユニットさらにドライバー・アッセンブリーなど全てをリファイン

英国「WHAT HI-FI」誌 5スター獲得    TANNOY Mercury V1およびTANNOY Mercury V4が英国の「WHAT HI-FI」誌にて、5スター獲得。

TANNOY Mercury V4
「すばらしい低域と制動力と高い解像度、表現力を備え、位相が整っている。手ごろな価格で素晴らしいパフォーマンスを提供する、元気の良い音色を備えたトールボーイ。」

TANNOYMercury V1
「非常にバランスに優れ、リッチでスムーズな高域、表現力豊かでありながら落ち着いた中域、制動の効いた質感の高い低域を備えている。」

Tallboy Speaker System Mercury V4

2013年09月30日生産終了

Bookshelf Speaker System Mercury V1

2013年09月30日生産終了

Center Channel Speaker System Mercury VC

2013年09月30日生産終了

Introduction

TANNOY Mercury Vシリーズはオーディオシステムから最高のパフォーマンスを引き出すため、世界中で数々の賞を受賞した先代のTANNOY Mercuryシリーズをベースに、さらにクリアで豊かな響きを目指し、リファインが加えられて完成iいたしました。

最適化されたキャビネット容積は低域再生能力を大幅に高め、沈み込むような深みのある低音を再生します。また、キャビネット内部のブレーシング(添木)もリファインし、さらなる強固なキャビネット構造とすることで、アタックの際立つキレの良い低域を獲得しています。

ウーハーユニットは、パルプ/繊維の配合を見直すことで、今までのTANNOY Mercuryシリーズ中で最も剛性が高く、軽量なコーン紙を搭載しています。ドライバー・ユニットのリファインにより、パワフルで豊かな低域、そして歯切れの良い中域がTANNOY Mercury Vシリーズの特長をさらに際立たせています。

ソフトドームツイーターは伸びやかな高周波帯域の拡張とナチュラルで空間表現力に溢れる音質を獲得しています。さらにクロスオーバーネットワーク回路を刷新し、高域側のコンデンサーにタンノイ独自のDMT(※)防振処理を施しています。また、配線材には、高品位なシルバーコーティングOFC銅線を採用、音質に磨きを掛けています。

タンノイが培ったハイエンドスピーカーデザインとエンジニアリング技術の結晶です。

※DMT(Differential Material Technology = 素材差動技術)
スピーカーシステムを構成する個々の部品が必要とする素材特性を解析し、共振モードの異なる素材同士の組み合わせにより、効果的に不要共振を低減する技術。

Features

新しいドライバー・ユニットを搭載

歴代のTANNOY Mercuryシリーズに比べて最も大きく進化したのが、ドライバー・アッセンブリーで す。ウーハーには歴代最軽量/高剛性のコーンを採用。強力なネオジウムマグネットで駆動するツ イーターは高品位なソフトドームタイプです。

トールボーイのTANNOY Mercury V4は6インチ(152mm)ウーハー×2をツイーターを挟んで上下に配置した2ウェイ3スピーカー構成、ブックシェルフのTANNOY Mercury V1は5インチ(130mm)ウーハーを用いた2ウェイ2スピーカー構成としています。また、TANNOY Mercury VCは4インチ(100mm)ウーハー×2をツイーターを挟んで左右に配置した2ウェイ3スピーカー構成です。この新しいドライバー・ユニットの開発により、ハイスピードでダイナミックな低域再生能力と、解像度の高い、滑らかな高域再生能力を獲得しました。パワーハンドリング性能も高く、大音量で強力にドライブすることも可能でありながら、あらゆるボリュームレベルにおいて、音楽の微細なニュアンスを正確に表現することが可能です。

さらなるリファインが加えられたクロスオーバーネットワーク

クロスオーバーネットワークにはタンノイ独自のDMTテクノロジーを採用。HF(高周波帯域)のコンデンサーの固定に革新的なDMT(※)防振コンパウンドを採用することで、音質に悪影響を与える振動を排除するとともに高周波帯域のより滑らかで正確な再生を可能としています。

内部配線には高純度シルバーコーティング銅線を採用

ハイエンド製品にも使われる高純度シルバーコーティングOFC銅線を内部配線に採用することで、TANNOY Mercury Vシリーズは表情豊かな音楽再生能力を獲得しています。歯切れが良く、音楽を細密に描写し、細部に至るまで解像度の高い再生はタンノイならではの表現力です。

堅牢でリジットなエンクロージャーは優れた低域レスポンスを実現

内部ブレーシング(添木)とチャンバー構造のリファインにより、TANNOY Mercury Vシリーズのキャビネットはコンパクトながら、より一層の堅牢性と低いカラーレーション(共振による音色の変化の低減)を実現しています。フロントバッフルには剛性の高いMDF素材を使用し、バスレフポートの共振周波数を低く設定することにより、大型スピーカーにも引けを取らない躍動感溢れる低域のリズムを再生することが可能です。

TANNOY Mercury V4のスピーカー端子はバイワイヤリング接続に対応

美しい仕上げ

TANNOY Mercury Vシリーズは、歴代のTANNOY Mercury の中でも抜群のルックスを備えています。清潔感溢れるシルエット、上品にヘアライン処理されたアルミ製のドライバートリム、控えめなブランドロゴ、美しいシュガーメイプル調の仕上げなど、各部の丁寧な仕上げは、音色の美しさに引けを取らない魅力に溢れています。

壁掛けを考慮、フレキシビリティーに富んだキャビネット(TANNOY Mercury V1/VC)

TANNOY Mercury V1とVCは背面に市販のスピーカーブラケットに対応したマウント用ネジ穴を装備し、壁掛けや天井への吊り下げなど、幅広い設置方法に対応しています。

※DMT(Differential Material Technology = 素材差動技術)
スピーカーシステムを構成する個々の部品が必要とする素材特性を解析し、共振モードの異なる素材同士の組み合わせにより、効果的に不要共振を低減する技術。

製品展示・販売店のご案内
カタログダウンロード
取扱説明書ダウンロード
お問い合わせ窓口
修理窓口