ESOTERIC.jp HOME
ESOTERICブランドトップへ
TANNOYブランドトップへ
avantgardeブランドトップへ
VPI industries Inc.ブランドトップへ
WBTブランドトップへ
van den Hulブランドトップへ
STRESSLESS®ブランドトップへ
Copyright © ESOTERIC COMPANY All Rights Reserved.
HOME About ESOTERIC Technology System Products Support English
ESOTERIC P-70
P-70 CD Transport
Introduction
Introduction
Introduction
Features
Specications
Specications
Gallery
Gallery
「P-0」の血統を受継ぐCDトランスポート『P-70』
希望小売価格 735,000円(税抜700,000円)リモコン付属
生産終了

  • ステレオサウンド誌《ザ・ベストバイ・コンポーネント》「CDトランスポート部門」1位(2003年12月)

P-0思想の新VRDSメカニズム(VRDSの詳しい解説

  • 強固な重量級ターンテーブル・モーターブリッジ(切削加工アルミ+炭素工具鋼の複合構造で振動をキャンセル)
  • 高精度ターンテーブル(アルミ+真鍮の複合で鳴きをキャンセル)
  • 従来比10倍のエネルギーをもつサマリウムコバルト磁石により、強力なトルクを発生するスピンドルモーター(ピットの読み取り制御の向上)
  • メカとスチール製8ミリ厚ベースを直結したハイリジット構造(メカニカルアースの徹底)
  • 質量25kg無振動・無共振思想の強固な筐体
  • 重量級鋳鉄製3点支持ピンポイントフットとインシュレーター(メカニカルグランドを形成)

ワードシンク(WORD SYNC)

  • ワードシンクは44.1kHzと88.2kHzに対応

D/Dコンバーター

  • アップコンバートにはRDOT[フルエンシーアルゴリズム:時間軸成分の歪みが発生せず、20kHz以上の成分を類推補間](RDOTの概要)を使用し、24ビット・88.2kHz、176.4kHzのサンプリング周波数にアップコンバートします。(176.4kHzはXLR端子2本で出力)
  • デジタル出力は全ての端子(XLR、RCA、TOS)に対し、出力端子直前でマスタークロックにより、リクロッキングしジッター精度向上
  • D/Dコンバーターを通らないデジタル出力端子も設置してあり、これらの出力もマスタークロックにより、リクロッキングされています。
  • メカニズム部とデジタル部を分けた2トランス構成
  • 各回路の相互干渉を避けるために独立した8定電圧電源回路を採用
  • デジタルアウト用の最新型トランスミッターICは、192kHz対応の「AK4103」を使用

「RDOTの概要」Refined Digital Output Technology

人間の可聴帯域の限界は高音域では20kHzとされているものの、実際の音楽には20kHzを超える様々な周波数の情報が存在し、これらが互いに影響しあうことによって、魅力的な音を構成していることが解ってきました。ところがCDではサンプリング周波数の制限から、音楽情報を記録する際、20kHzを超える周波数は切り捨てられています。 CDフォーマットから、20kHz以上の周波数の音を再生するための解決策がフルエンシー理論による類推補完技術「RDOT」です。

これはCDから読み取ったデータから、データとデータの間にあったであろう音楽情報を類推により生成し、結果として20kHzを超えるデータを生成するものです。

聴感上では、音楽が自然に響き、特に楽器が重なった時の分解能や残響に違いが感じられ、生演奏を彷彿させる極めて自然な音色と音場の再現性に優れています。

この技術は筑波大学先端学際領域研究センターの寅市教授の産官学研究の成果です。

ワウ・フラッター 測定限界以下(水晶発振精度)
出力端子 デジタル出力 RCA×1(44.1kHz固定) 0.5Vp-p/75Ω
RCA×1(44.1kHz/88.2kHz可変)0.5Vp-p/75Ω
TOS×2(44.1kHz固定)-15〜-21dBm
TOS×1(44.1kHz/88.2kHz可変)-15〜-21dBm
XLR×2(44.1kHz/88.2kHz/
176.4kHz可変、176.4kHzは2本使い)
ワードスルーアウト BNC×1
入力端子 ワードシンク入力 BNC×1
消費電力 12W
外形寸法(W×H×D) 465mm×160mm×355mm(インシュレーター含む)
質量 25kg
仕様及び外観は改善のため予告なく変更することがあります。

P-70 P-70

製品展示・販売店のご案内
お問い合せ窓口
修理窓口
生産終了品一覧