ESOTERIC.jp HOME
ESOTERICブランドトップへ
TANNOYブランドトップへ
avantgardeブランドトップへ
VPI industries Inc.ブランドトップへ
WBTブランドトップへ
van den Hulブランドトップへ
STRESSLESS®ブランドトップへ
Copyright © ESOTERIC COMPANY All Rights Reserved.
HOME About ESOTERIC Technology System Products Support English
avantgarde
Lineup
Lineup
Introduction
Introduction
Features
Features
avantgarde Technology

Horn - ホーン

音響を増幅する上でホーンスピーカーは最も自然でパワフルな方法。微細なレベルの信号も歪無く増幅します。非ホーン型と比べて5%という驚異的な軽量ダイヤフラムで駆動でき、ドライバーの過度なピストンモーションによる歪みの発生を防ぎます。また、ホーン型は同じ口径の非ホーン型に比べて20倍も出力が高く、ダイヤフラムはごくわずかな振幅で最も効率的に音量を稼ぎ、音質はより躍動感のあるものになります。avantgardeは開口部が180°のスフェリカル・ホーンを採用。コンピューター解析による正確なホーンカーブと高度な成型技術により、数あるホーンカーブの中でも理論的には最も周波数特性上のピークやディップの少ない、フラットな周波数特性を誇ります。

Simplicity - シンプリシティ

信号経路にあるすべてのパーツは解像度低下や音色を変えてしまう原因となるため、必要なもの以外は、極力回路コンポーネントの数を減らすことがアバンギャルドのスピーカー開発における重要なフィロソフィーです。それゆえ、CDCテクノロジーをはじめ、クロスオーバーネットワークコンポーネント類の使用は最小限とすることで、位相の乱れを根本から解決し、信号純度を高めるシンプリシティ思想が貫かれています。

Impedance - インピーダンス

アンプへの電気的負荷を大幅に軽減するΩ(omega)ドライバーテクノロジー。Ωドライバーは18Ωなどハイ・インピーダンスのボイスコイルを採用し、ダンピングファクターを飛躍的に向上するとともに逆起電力を軽減。アンプへの負荷を劇的に低減し、アンプのドライバビリティーを改善、高品位なアンプのポテンシャルを最大限に引き出すことができます。

Intelligence - インテリジェンス

大口径ウーハーは、振動板自体の質量が生み出すイナーシャ(慣性質量)が足かせとなり、小音量時には重い振動板を十分に駆動させるのが難しく、また大音量時にはコントロール(制動)が難しくなります。たとえば夜間の小音量再生で低域の質感が殆ど失われたり、逆に大音量時にはタイトな低域が得られない、というジレンマを経験されるこも多いことでしょう。こうした影響を回避するため、avantgardeはインテリジェント・アクティブ・サブウーハー・システムを搭載。内臓センサーがドライバーの出力と入力信号の偏差を感知し、高速アナログ回路がコーンの動きを常に適正に補正します。この方式により低域特性は極めてクリアで重心が低く、ダイナミクスもより鮮明に。部屋の大きさや音量によってパフォーマンスが左右されることもありません。サブウーハー背面に装備した豊富なコントロール類で微調整も可能です。

Innovation - イノベーション

20世紀初頭、新しい見識や的を射たビジョン、そして強い決意を持ったスピーカー設計のパイオニアたちが、イノベーションを生み出してきました。アパンギャルドはこのイデオロギーを継承し、既成事実を打ち破ることをいとわず、ひたすら突き抜けた製品を追求。ハイエンドスピーカー・カテゴリーにおいて、まったく新しい基準を打ち立てたホーン技術、圧倒的な解像度を誇るΩ(omega)ドライバーテクノロジー、革新的な回路デザイン。その独自の技術こそ、アバンギャルド・ イノベーションの象徴なのです。

avantgarde philosophy
avantgarde オリジナルカタログ 日本語版
avantgarde 本社サイト
製品展示・販売店のご案内
カタログダウンロード
お問い合わせ窓口
修理窓口
バージョンアップのお知らせ
生産終了品一覧
 ESOTERIC Style
IASJ