ESOTERIC.jp HOME
ESOTERICブランドトップへ
TANNOYブランドトップへ
avantgardeブランドトップへ
VPI industries Inc.ブランドトップへ
WBTブランドトップへ
van den Hulブランドトップへ
STRESSLESS®ブランドトップへ
Copyright © ESOTERIC COMPANY All Rights Reserved.
HOME About ESOTERIC Technology System Products Support English
photo
MEXCELが目指すゴールはただ一つ。
「かつて誰ひとり到達したことのない、オーディオケーブルの新境地を極めること」。

ハイエンドケーブルにおける新たな地平を拓き、数々の神話を生み出してきたMEXCELが登場した2004年、オーディオケーブルは一つの大きな革新を遂げました。宇宙/防衛産業の分野で、最先端のハイテクケーブルを開発する三菱電線工業、オーディオケーブルのスペシャリスト、アクロリンク。この2社とESOTERICの共同開発により誕生したMEXCELケーブルは、G(ギガ)Hz帯域を超えるワイドレンジ&フラットな伝送特性を実現。ギガヘルツ伝送がもたらした豊かな情報量は、7N Cu(99.99999%)の高純度と相まって、それまでのアナログ伝送用、デジタル伝送用というケーブルの概念さえ超越し、オーディオシステムが備えるポテンシャルの全てを解放したのです。

そして、技術の積み重ねだけでは決して到達することの出来ない、音楽的な表現力の更なる熟成を求め、ここに第二世代のMEXCELが登場しました。第一世代の登場から9年の歳月を掛け、オーディオケーブル史上、かつて無い大きな潮流を生む、新たなるマイルストーンの誕生です。

Digital/Audio Cable 7N-DA6300II MEXCEL / 7N-DA6100II MEXCEL
Digital/Audio Cable 7N-A2500II MEXCEL
Digital/Audio Cable 7N-DA3300 MEXCEL / 7N-DA3100 MEXCEL
Speaker cable 7N-S10000II MEXCEL

素線1本1本に被膜絶縁、極限のMEXCELテクノロジー

MEXCELケーブルの最大の特長は、GHz帯域に至るまでのどの周波数帯域においてもインピーダンスに変動が無く、フラットな伝送が可能なことです。MEXCELは、三菱電線工業が開発したMEDIS電着絶縁法による導体素材技術で、絶縁樹脂の電気メッキとも言える画期的な手法により、従来は4つのコーナーの絶縁処理が極めて困難であった平角素線などをはじめ、どんな形状であっても均一な絶縁を実現。素線1 本1本の表面を絶縁処理することにより、導体面積を最大化させ、表皮効果による高周波特性の減衰を極小化。これにより比類のないワイドレンジを誇る「ギガヘルツフラット」伝送特性を獲得しました。

ギガヘルツフラット伝送
M(メガ)Hzは100kHzの10倍、GHzはさらにその1,000倍を表し、1GHzは10億Hzとなります。ギガヘルツフラット伝送により、デジタル伝送においては、信号波形になまりの無い、極めて正確な波形の伝送が可能となります。また、アナログ伝送においても、可聴帯域の全域においてフラットな周波数特性を実現できることはもちろん、垂直波形に近い高周波のレスポンスが高まることで、音の「立ち上がり」、「立ち下がり」などに優れた効果を発揮します。

純度99.99999%を達成、ストレスフリーでつねに高度な伝送特性

MEXCELシリーズは、三菱電線工業が開発したD.U.C.C.(※) 7N Cuを主要導体に採用しています。高度な品質保証を要求する半導体用途と同等の母材生産プロセスによって管理された99.99999%の純度を持ち、金属不純物のトータル含有量も0.1ppm以下。純度の分析作業自体も緻密なノウハウが必要とされますが、高精度な分析技術によってこの高純度が保証されています。また、使用時の曲げなどによって生じる結晶構造の劣化に対しても、常温で自己アニールして健全な状態を確保するアクロリンク開発のストレスフリー加工により、優れた伝送特性を保持します。

D.U.C.C.とは
D.U.C.C.:Dia Ultra Crystallized Copperは三菱電線工業株式会社開発によるオーディオケーブル用高純度銅導体で、結晶粒を一般的な純銅の数十倍以上まで大きく成長させ、かつ結晶格子の方向性を揃えた素材です。結晶粒は大きいほど結晶粒界(結晶と結晶の境界面)が少なくなり、音質上のメリットは大きいのですが、金属の結晶には方向性がありこれも揃える必要がありました。X線照射による解析現象によりその方向性は観測できますが、母線、伸線工程、アニール(焼鈍)などの製造工程を最適化することで「オーディオ信号の伝送に最適な方向性」を具えた極めて優れた線材が完成したのです。

MEXCELケーブルの真価を最大限に引き出すESOTERICコネクター
6nda5500nextgen

MEXCELケーブルの優れた特性を引き出すためのコネクターにも徹底的にこだわり、各モデルのキャラクターにあわせた素材を選定して使用することで、リファレンスグレードからスタンダードモデルに至るまで、一切の妥協の無い、優れた音質を獲得しています。

7N-DA6100II 、7N-A2500IIのRCAプラグには、導電性、機械的強度に優れたベリリウム銅をセンターコンタクトピンとして採用。鏡面研磨処理を施し、銀+ロジウムメッキにて仕上げ。制振効果、ノイズ低減効果を持つカーボンファブリック+アルミ製プラグカバーを採用。

7N-DA3100のRCAプラグには、ホット側にテルル銅、コールド側にベリリウム銅をチョイス。ダイレクトロジウムメッキで仕上げ、上位機種同様にカーボンファブリック+アルミ製プラグカバーを装着しています。 XLRプラグには、ベリリウム銅(7N-DA3300はリン青銅)のコンタクトピンを採用し、ダイレクトロジウムメッキ処理することで長期に渡って安定した高音質を誇ります。BNCプラグのセンターコンタクトピンは高価な稀少材ながら優れた音質を誇るリン青銅を無垢材から削り出したものを採用し、24K金メッキにて仕上げています。7N-DA3300を除く各モデルのXLR/RCAプラグは、ピンを中空パイプ構造とすることで、通常のものに比べて約2倍の表面積を誇り、性能を更に高める構造です。

製品展示・販売店のご案内
お問い合せ窓口
修理窓口
MEXCEL及びMEDISは三菱電線工業株式会社の登録商標です。
三菱電線工業株式会社のホームページ
MEXCELの詳しい説明
 ESOTERIC Style
IASJ